本文へスキップ

青梅・永山に関するあらゆる情報をゲット!

梅岩寺(ばいがんじ)

都下でもっとも美しいとされるしだれ桜


真言宗部山はの古刹、梅岩寺は「竜光山能満院」と号し、本尊は虚空蔵菩薩です。長徳年間(955〜999)に開山,そして、永禄年間(1558〜1570)に金剛寺により中興されたと伝えられます。百人一首の歌人である寂連法師が滞在したとの伝承が残る寺院でもあります。
境内には. 立派なしだれ桜が本堂前に1本、裏山の三十三観音霊場の昇り口の脇の斜面に1本あります。ともに樹齢は150年。幹周りは約3メートル。天ケ瀬町の金剛寺の枝垂桜と姉妹樹と言われています。
昭和32年に市の天然記念物に指定されているこの桜は、都下でもっとも美しいしだれ桜とも言われています。例年4月半ば頃までには花が開きますが、開花以降、時間が経過するに従い、その花びらの紅色の濃さが微妙に異なってくるのが見どころです。

【所在地】仲町235
【電話番号】0428-22-3886







青梅・永山マスターズ

青梅の永山について、何かしらの情報を持っている人、その情報を発信する人、永山を訪れる人、利用する人、そして、永山に興味を持った人……、そうした皆さまはすべて、「永山マスター」です。

「青梅・永山マスターズ ホームページ」は、NPO法人 青梅まちづくりネットワーク青梅市と協働しながら、作成・運営を行っています。