本文へスキップ

青梅・永山に関するあらゆる情報をゲット!

忠魂碑&忠霊塔

日清・日露戦争、太平洋戦争の英霊を祀る


永山公園総合グラウンド内の遊具のある公園の西側に、大きな石碑と塔とが並び立っている、仕切られた一角があります。向かって左にあるのが、東郷元帥(げんすい)の筆による文字が記された青梅町の「忠魂碑(ちゅうこんひ)」、その右上の奥にあるのが「忠霊塔(ちゅうれいとう)」です。
忠魂碑は、明治時代の日清戦争(1894-95)および日露戦争(1904-05)の英霊を祀る目的で、大正時代に建てられました。
また、忠霊塔は昭和34年(1959)、永山のグラウンドの完成にともない、太平洋戦争および西南戦争以降のすべての戦争で命を落とされた方々の霊を慰めるために、太平洋戦争の戦没者の遺族をはじめ、全市民からの募金をもとに建立されました。
なお、この忠霊塔については、プライバシーと言論の自由を争点とした裁判で話題となった三島由紀夫の小説『宴のあと』(昭和35年発表)に、当時の定礎式と民謡大会の様子が描かれています。

【参考資料】文学散歩−三島由紀夫『宴のあと』と青梅







青梅・永山マスターズ

青梅の永山について、何かしらの情報を持っている人、その情報を発信する人、永山を訪れる人、利用する人、そして、永山に興味を持った人……、そうした皆さまはすべて、「永山マスター」です。

「青梅・永山マスターズ ホームページ」は、NPO法人 青梅まちづくりネットワーク青梅市と協働しながら、作成・運営を行っています。