本文へスキップ

青梅・永山に関するあらゆる情報をゲット!

カッパ池(カッパ沼)

青梅鐵道(てつどう)の汽車に貢献?


「カッパ池」(カッパ沼とも呼ばれます)は、金刀比羅神社の西の山腹、ちょうど青梅市弓道場の裏手にあたる茂みの中にひっそりとあります。現在は柵に囲われて綺麗になっていますが、以前はもっと茂みが深く、カッパが棲んでいてもおかしくないような雰囲気でした。なお、カッパ池という名称の由来は不明です。
この小さな池ですが、実は、明治27年(1894)の青梅鐵道(てつどう)の開業当時、機関車に給水するための水源として利用されたと言われており、隠れた鉄道遺産の一つです。この水利が、青梅停車場の位置を決めたという説もあるのです。
池からの流れは「桃沢(ももさわ)」と呼ばれ、かなり豊富な水量があったようです。青梅鐵道の汽車の水に利用される以前から、精米の水車小屋があったことでも知られていましたし、また、青梅市立第一小学校の校門の南側の青梅駅構内には、大水になったときの水止めが遺構として残されています。





青梅・永山マスターズ

青梅の永山について、何かしらの情報を持っている人、その情報を発信する人、永山を訪れる人、利用する人、そして、永山に興味を持った人……、そうした皆さまはすべて、「永山マスター」です。

「青梅・永山マスターズ ホームページ」は、NPO法人 青梅まちづくりネットワーク青梅市と協働しながら、作成・運営を行っています。