本文へスキップ

青梅・永山に関するあらゆる情報をゲット!

ミイラ様跡

中国の名僧の即身仏が保管されていた?


信じられないような話ですが、この地にあったお堂には、中国の高名な禅僧の即身仏(ミイラ)が祀られていました。その禅僧とは、曹洞宗を開かれた石頭禅師です。
戦前の地図には、この場所を「石頭山」と記したものがあります。
戦後になって、そのミイラは川崎の総持寺に移され、現在も安置されているとのことです。
昭和50年(1975)頃までは建物があり、人も住んでいて、地域の人たちはそこを「ミイラ様」と呼んでいましたが、いつしか人もいなくなり、建物もなくなり、いまでは、その土地の所有者となったある宗教団体によって建てられた塔の前に、小さな石碑が残るのみとなりました。





青梅・永山マスターズ

青梅の永山について、何かしらの情報を持っている人、その情報を発信する人、永山を訪れる人、利用する人、そして、永山に興味を持った人……、そうした皆さまはすべて、「永山マスター」です。

「青梅・永山マスターズ ホームページ」は、NPO法人 青梅まちづくりネットワーク青梅市と協働しながら、作成・運営を行っています。