本文へスキップ

青梅・永山に関するあらゆる情報をゲット!

宮ノ平(みやのひら)駅&石灰山跡

石灰輸送のための基地駅として開設


青梅近辺は、観光地としての魅力もありましたが、明治時代に青梅鐵道(てつどう)が開設された最大の理由は、この地で採れる石灰岩の運び出しにありました。「青梅線 石より人が 安く見え」という川柳が詠まれたように、当時の鉄道は、まずは石を運ぶための路線でした。
現在の宮の平(みやのひら)駅よりも少し南西、和田乃神社のあたりに駅が造られたのは、青梅鐵道が開業した翌年の明治28年(1895)のこと。そのときの駅名は「日向和田(ひなたわだ)駅」で、そこからスイッチバックする形の引き込み線が北側の石灰山まで敷かれました。日々、多くの貨物車がやってきては、石灰岩を積み出していったのです。
ちなみに、現在の場所に「宮ノ平駅」が造られたのは、青梅線をさらに西へと延ばすためのトンネルが完成した大正時代以降のことです。
なお、少々余談になりますが、その当時の青梅街道は、今の場所ではなく、段下のもっと川寄りを通っていました。
戦後、石灰岩の埋蔵量が底をつき、工場も姿を消していきます。宮ノ平駅の周辺で当時の面影を今に伝えるものは、工場の石垣だけになってしまいました。
石灰岩が掘り尽くされてしまったあとの殺風景な石灰山は、昭和50年(1975)〜60年(1985)年頃には、TV番組の『仮面ライダー』をはじめとする、爆破シーンを伴う撮影のロケ地として、よく使われたものでした。





青梅・永山マスターズ

青梅の永山について、何かしらの情報を持っている人、その情報を発信する人、永山を訪れる人、利用する人、そして、永山に興味を持った人……、そうした皆さまはすべて、「永山マスター」です。

「青梅・永山マスターズ ホームページ」は、NPO法人 青梅まちづくりネットワーク青梅市と協働しながら、作成・運営を行っています。