本文へスキップ

青梅・永山に関するあらゆる情報をゲット!

むらさめ広場

都立農林高校の最後の生徒たちが作った自然活用スペース


林間道路で青梅坂峠を越える「叢雨(むらさめ)橋」のすぐ脇の下に、「むらさめ広場」と呼ばれる場所があります。これは、平成21年(2009)に都立農林高等学校が現在の都立青梅総合高等学校と統合される少し前に、最後の林業課の生徒となった人たちの手によって造られたスペースです。
ハイキングコース沿いのサインボードには「森林に興味を持ってほしい」とのメッセージが書かれています。叢雨橋の脇から降りていくと、そこは、ベンチやテーブルが置かれた空間となっています。永山近辺に生息する昆虫や植物などのリストも展示されています。
とても素敵な試みなのですけど、しかし、それらの調度や展示は、その後のメンテナンス等をする人がいないためか、現在は少々残念な状況になってしまっています。
それでも、晴れた日にそのスペースに行き、ベンチに座ってくつろいでみると、澄んだ空気と鳥の声に、とても癒されます。









青梅・永山マスターズ

青梅の永山について、何かしらの情報を持っている人、その情報を発信する人、永山を訪れる人、利用する人、そして、永山に興味を持った人……、そうした皆さまはすべて、「永山マスター」です。

「青梅・永山マスターズ ホームページ」は、NPO法人 青梅まちづくりネットワーク青梅市と協働しながら、作成・運営を行っています。