本文へスキップ

青梅・永山に関するあらゆる情報をゲット!

りき遊園地跡

鉄道公園の正面に遊園地があった?


昭和40年代、青梅鉄道公園の正面、現在は公園スペースになっているあたりには、「回転ロケット」など、近代的な遊具を備えた遊園地「りき遊園地」がありました。当時、青梅三業組合のお世話などもされていた建設業の岩浪力造さんがオーナーで、その名を冠した遊園地でした。オープンの際には、当時は大人気だったプロ野球の稲生投手も来園されたとのことです(下の写真)。
昭和50年頃にはすでに営業は終わっており、廃墟のようになっていましたが、その後、残されていた遊具などは撤去されて更地になり、時を経て現在、市民が憩う公園になっています。
※「りき遊園地」に関する情報や写真をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ、お知らせください。





青梅・永山マスターズ

青梅の永山について、何かしらの情報を持っている人、その情報を発信する人、永山を訪れる人、利用する人、そして、永山に興味を持った人……、そうした皆さまはすべて、「永山マスター」です。

「青梅・永山マスターズ ホームページ」は、NPO法人 青梅まちづくりネットワーク青梅市と協働しながら、作成・運営を行っています。