本文へスキップ

青梅・永山に関するあらゆる情報をゲット!

矢倉台(やぐらだい)

戦国の武将が物見をした場所


永山を東西に走る青梅丘陵ハイキングコースは、そのほとんどの道筋は平坦なのですが、裏宿を越え、宮ノ平駅の北へと近づいたところで唯一、急な斜面を登ることになります。その頂上が、市の史跡に指定されている「矢倉台」です。
ハイキングコースは、この矢倉台の地点で、宮の平駅方面に山腹を下るコースと二俣尾の雷電山方面に向かうコースとにわかれますが、その雷電山の東面にはかつて、「辛垣城(からかいじょう)」と呼ばれる城がありました。
鎌倉・室町時代にこの地を治めた領主・三田氏は、現在の東青梅6丁目、妙光院と光明寺の裏山あたりに位置した勝沼の本城と、西城と呼ばれた辛垣城を構えていました。その二つの城を結ぶ尾根道のほぼ中間点に位置し、絶好の見晴らしから見張り櫓(やぐら)としたのが矢倉台です。
中世の武将たちの息吹が感じられるこの矢倉台は、多摩川筋を遠くまで見渡せる絶景ポイントであることから、普段はもとより、ここでお正月の初日の出を見ようとする人も多くいます。
頂上の四阿(あずまや)から峰伝いに少し下ったところにあるベンチのあたりが、最高の絶景ポイントです。晴れていれば、スカイツリーも見えますよ。







青梅・永山マスターズ

青梅の永山について、何かしらの情報を持っている人、その情報を発信する人、永山を訪れる人、利用する人、そして、永山に興味を持った人……、そうした皆さまはすべて、「永山マスター」です。

「青梅・永山マスターズ ホームページ」は、NPO法人 青梅まちづくりネットワーク青梅市と協働しながら、作成・運営を行っています。